自律神経機能計測システム

製品の信頼性

  • 製品情報
    • ハートリズムスキャナーPE
    • HRV LIVE!
    • インナーバランススキャナー
    • ハートトラッカー3 プロフェッショナル
    • ストレス スキャン
製品の信頼性 各機種比較対応表 関係文献・論文

製品の信頼性について

自律神経機能計測システムにおける信頼性

Biocom Technorogiese本機種の周波数領域解析のプロセスは、現在世界標準となっております"高速フーリエ変換法(FFT)"という数学的解析プロセスを採用しております。

 

また、Vadim Pougatchev博士を始めとする開発者の履歴、製品開発歴、Biocom社の簡単な説明、アメリカにおける顧客リストの一部、更に、Biocomのテクノロジーが、平成18年度に大阪市主催のバイオ関連産業ビジネスプランコンペで日本国内外の応募企業の中から選ばれて最高賞の「グランプリ」を獲得しております。

大阪市経済局の補助金をを受けて大阪市大医学部との共同プロジェクトである「慢性疲労の量的測定」でBiocom社はプロジェクトのパートナーとして参加し、Biocom機器がプロジェクトで使用されました。

2008年度の「技術革新フェア」でも、Biocomのテクノロジーは、日本の最先端のロボット技術とのコラボレーションの対象に選ばれています。


Biocom社製商品使用海外プロジェクト

ロシア - ロシア科学院医学的生物学的問題研究所(IMBP)

火星への有人宇宙飛行(MARS‐500プロジェクト、2009-2011)に関する地上実験

・このプロジェクトの期間中、乗組員の健康評価と健康管理システムを含む、人間の生命維持サポートに関する様々な生物医学的テクノロジーのテストを試みる。(Biocom製自律神経機能計測システム)このプロジェクトは500日間行われる。特別に選ばれた6人の被験者は、火星までの飛行条件を模した隔離された気圧チェンバーにプロジェクトの期間中入れられる。


アメリカ - PTSD治療の為のバイオフィードバックとニューロフィードバックの進歩

最適パフォーマンス訓練の為のバイオフィードバックプログラム:East Carolina 大学 と米海兵隊負傷兵大隊イーストの共同プログラム(Biocom製自律神経機能計測システム)
Carmen Russoniello, PhD, LRL LPC,I Matt Fish, BS,l Jennifer Parks, BS, LRT1 John Rhodes, BS,1
Bennie Stover, BS,l Holly Patton,l Ginger Gold, EdD,'and Tami Maes, LRT, BCnCa


イギリス - 教育により子供たちの感情的レベル(EQ)を高める(エクスプレス プロジェクト)

サザンプトン市教育委員会は、市内の87校の学生を対象に、読み書き能力、計算能力、コンピューター操作能力と同様に、感情的知識(感情の健康管理)を高める為のプロジェクトにBiocom製自律神経機能計測システムが使用されました。




自律神経機能計測システム

各方面で自律神経の働きについて注目度が高まってきており、その自律神経を簡単に正確に測定する機器が自律神経機能計測システムです。

自律神経機能計測システムは、お手持ちのパソコンにソフトウェアをインストールして頂き、イヤーセンサーをパソコンに接続して頂くだけで測定が行えますので、ノートパソコンをご使用であれば簡単に持ち運びができ、どこででも測定を行うことができます。

自律神経機能計測システムは心拍の変動により自律神経の状態を解析し、解析結果をパソコンのモニターでわかりやすくグラフで表示されます。

過去のデータも簡単に確認することができ、施術前・後の推移が同じ画面で表示されすので、医療現場などでは患者様の治療の管理にも役立てていただいています。

自律神経機能計測システムは、ヨーロッパ心臓病学会などからも推薦を受けており、世界の医療機関や治療院をはじめ日本では国公私立大学、大学病院、各種研究機関、総合病院、各種治療院、スポーツ選手のコンディション管理や、自動車メーカーの研究所など、様々な場所で使用されている実績があります。


自律神経とは

自律神経は、人間の神経系の一部で、全ての内部臓器及び体系(心臓・肺・腎臓・腸・分泌線等)を随意的にコントロールしています。自律神経には、他の神経系統と同様に中枢に向かう求心性の神経路(中枢神経(脳幹の中の核))と中枢から全身に向かう遠心性の神経路(末梢神経(求心性および遠心性線維と末梢神経節))があり全ての体内器官につながっています。人間の身体の約90%は自律神経系によってコントロールされています。


知覚・運動神経と違って、私たちの意思とは関係なく独立して働いているので、内臓や血管を私たちの意思で自由に動かす事は出来ません。反対に、意識しなくても呼吸をしたり、食べたものを消化するため胃を動かしたり、体温を維持するため汗をかいたりするのは、自律神経があるからです。

自律神経交感神経(起きている時の神経・緊張している時の神経)と副交感神経(寝ている時の神経・リラックスしている時の神経)から成り、互いに反発し合いながら機能し、生理的機能の優れた調節メカニズムとなります。

交感神経は、心臓を含むほとんど全ての体内器官に対しそれらの機能を刺激します。交感神経による刺激が増加すると心拍数、拍出量、体血管収縮等々は増加します。これとは対照的に、副交感神経はこれら体内器官の機能を抑制します。副交感神経による刺激が増加すると、心拍数、拍出量、体血管収縮等々は減少します。

子供が眠くなると、手が温くなるのは、交感神経優位から副交感神経優位へ切り替わるからです。交感神経は脊髄の胸腰部側角から出て、脊髄の前側の通り道である前根を経て、脊髄の両わきにある交感神経幹に入ります。その後は、各臓器など全身に分布し、情報を伝えます。

ニューロン(神経細胞)が集まって塊状をなしている部分は神経節と呼ばれ、それぞれの神経領域の臓器や血管の働きや分泌の調整を制御する役割を果たしています。



自律神経の働き

自律神経は、人間の神経系の一部で、全ての内部臓器及び体系(心臓・肺・腎臓・腸・分泌線等)を随意的にコントロールしています。自律神経には、他の神経系統と同様に中枢に向かう求心性の神経路(中枢神経(脳幹の中の核))と中枢から全身に向かう遠心性の神経路(末梢神経(求心性および遠心性線維と末梢神経節))があり全ての体内器官につながっています。人間の身体の約90%は自律神経系によってコントロールされています。

交感神経 ・・・ 緊張、興奮時に働く神経

副交感神経 ・・・ 平常、リラックス時に働く神経

この2つの神経がバランス良く働いて体がベストな状態に保つ事ができます。

この2つの神経はストレスの影響を受けやすく、そのバランスが崩れると、本来活動している時に働いてくれる交感神経が働かずに、やる気が出なかったり、逆に休息の時に働いてくれる副交感神経がうまく働かず、眠れないといったことが起こります。

知覚・運動神経と違って、私たちの意思とは関係なく独立して働いているので、内臓や血管を私たちの意思で自由に動かす事は出来ません。反対に、意識しなくても呼吸をしたり、食べたものを消化するため胃を動かしたり、体温を維持するため汗をかいたりするのは、自律神経があるからです。

自律神経は交感神経(起きている時の神経・緊張している時の神経)と副交感神経(寝ている時の神経・リラックスしている時の神経)から成り、互いに反発し合いながら機能し、生理的機能の優れた調節メカニズムとなります。

交感神経は、心臓を含むほとんど全ての体内器官に対しそれらの機能を刺激します。交感神経による刺激が増加すると心拍数、拍出量、体血管収縮等々は増加します。これとは対照的に、副交感神経はこれら体内器官の機能を抑制します。副交感神経による刺激が増加すると、心拍数、拍出量、体血管収縮等々は減少します。

子供が眠くなると、手が温くなるのは、交感神経優位から副交感神経優位へ切り替わるからです。交感神経は脊髄の胸腰部側角から出て、脊髄の前側の通り道である前根を経て、脊髄の両わきにある交感神経幹に入ります。その後は、各臓器など全身に分布し、情報を伝えます。 ニューロン(神経細胞)が集まって塊状をなしている部分は神経節と呼ばれ、それぞれの神経領域の臓器や血管の働きや分泌の調整を制御する役割を果たしています。


自律神経のバランスが乱れると…

自律神経のバランスが乱れると、血流が悪くなり、便秘、冷え性、高血圧などの症状をはじめ、免疫力も低下します。長期間続くと、うつ病などになるリスクもあります。

交感神経・副交感神経がそれぞれの身体に及ぼす特徴

交感神経・副交感神経がそれぞれ体の部分ごとに及ぼす特徴は以下の通りです。

交感神経 部 分 副交感神経
心拍数増加 心臓 心拍数減少
拡張 気管支 収縮
抑制 胃腸の働き 促進
上昇 血圧 下降
収縮(手足冷感) 末梢血管 なし
開く 瞳孔 収縮
分泌(粘液性) 唾液 分泌(さらさら)
分泌老化 汗腺 なし

自律神経測定機器一覧


ハートリズムスキャナーPE

ハートリズムスキャナーPE

HRV LIVE!

HRV LIVE!

インナーバランススキャナー

インナーバランススキャナー

ハートトラッカー3 プロフェッショナル

ハートトラッカー3 
プロフェッショナル

自律神経機能が測定できる、さかえクリニック

ドクターズコスメ リバーサルプラス

トップアスリート株式会社

サロン528

自律神経専門サイト